【経済的自由】主婦向けFIRE:私とあなたのための、いちばんやさしい3ステップ

お金の知識
しょう君のママ
しょう君のママ

こんにちは、mamakimi(ママキミ)著者のしょう君のママです。いつもnoteや、Instagram、保護者の会など様々なコンテンツをご覧いただき有難うございます。

本日は今話題の「FIRE」のお話を、主婦・子育てママ向けに解説します。

「FIRE:Financial Independence, Retire Early」は、経済的自由を得て早期リタイアする今流行りのムーブメントです。

「経済的自由」については、前回の記事のテーマでしたよね^^まだ読んでいない人はぜひご覧ください。

「FIRE」を実現する事で得られる未来のイメージは、

  • 日々の暮らしの中で、お金の心配がなくなります
  • 将来の生活のお金の心配や不安もなくなります。
  • お金のためにやりたく無いことをやらなくてもいいようになります。
  • 好きなことだけをして生きていけるようになります。
  • 自分のためにたくさんの時間を使えます。
  • 追加で稼いだお金は、生活以外の贅沢に使い切ったって大丈夫です。
  • 住む場所にも制限を受けません
  • こういったことから、ストレスが大きく減ります。

「FIRE」が欧米の若者の間で一大ムーブメントになっているのも納得ですね。

この記事を読めば、まずは今流行りの「FIRE」とは何か?そして、「FIRE」の仕組みや構造が理解できます

更に、どうやって私たちmamakimi(ママキミ)世代が「FIRE」を進めればよいか、今のあなたが、これから何をするべきかが3ステップで分かるようになります。

子育て世代、主婦にいちばんやさしいFIREの解説となっています

それでは、頑張って「FIRE」について学んでいきましょう!

「FIRE」って何?

FIREというのは「Financial Independence(経済的自立)」「 Retire Early(早期退職)」の2つの言葉の頭文字をとったもの。

つまり、「早期退職して、お金のために働く縛りから自分を解放する」というライフプランや概念のことですね。

ここでいう「早期退職」は、日本で根付いている定年前にリタイアするそれとは違って、FIREの早期退職は、退職した後も貯蓄と節約のバランスをとりながら、投資の収益や、新たに始めたビジネスなどで生活を向上させて行くといったイメージです。 

「セミリタイア」という言葉を当てはめられることも多い「FIRE」ですが、イメージ的にはセミリタイアの方が近いですね。

このFIREの発祥は米国ですが、今では欧米諸国も含めて、グローバルなムーブメントになってきていて、日本人でもFIREを目指す人が増えてきましたね。

コミュニティなんかも充実し、支持を集めていて、多数のメディアでも取り上げられています。書籍もいろいろ出ているので、興味のある方は読んでみてくださいね^^

「経済的自由」の記事でも取り上げましたが、本来FIREは「経済的自立」を目指していて、「大金持ち」「豪遊」といった特別な「経済的自由」とはまたイメージが異なります。

というのも、FIREの主な支持者は、マイホーム・マイカー信仰など、従来の価値観に縛られないミレニアル世代。

過剰消費するための労働への反発、自分の人生の時間に重きを置いた考えがその核にあり、あくまでFIREの目的は「労働に縛られない豊かな人生設計」です。

「FIRE」のゴールはどこ?

FIREのゴール地点は「人それぞれ違う」としか言いようがありません。

というのも、FIREが目指すところは

生活に必要な金額 < 不労所得

または

※ 資産額 = 年間生活費 × 25 

だからです。

なので、個々の年間の生活費がゴール地点を計算する変数になります。

年間生活費が200万の人だったら、年間の不労所得額が200万円、または資産額が5000万円を超えたらゴールです。

ただし、年間の生活費が2000万円かかる人の場合は、年間の不労所得が2000万円、または資産額が5億円を超えたらゴールとなるのです。

個々の生活費の金額で、FIREのゴールは近くも遠くもなります。これは、「経済的自由」で解説したことと同じですね。

そして、ここで疑問が出てくるであろう

※の計算式【 資産額 = 年間生活費 × 25 】

「25」という数字がどこから来たのか?ということ、FIREについて調べていると、必ず出会う数値だと思います。

この数字は、FIREの仕組み・構造がわかれば納得できると思います^^

FIREの仕組み・構造

FIREの肝となるのが、投資のチカラの最大活用です。投資した元本を減らさずに配当金だけで生活が賄えるようになればゴール。これが、下記の式の意味です。

生活に必要な金額 < 不労所得(=配当金)

そして、生活に必要な配当金を得られる分必要な試算額が、「The Rule of 25」と言われる、

資産額 = 年間生活費 × 25 

のことを意味します。

年間の生活費が400万円の人であれば、その25倍の1億の純資産を持つことで、配当で400万が毎年得られるという考え方です。

※配当なので、もちろん投資元金は減りません!

その考え方のもとになっているのが「4%ルール」

米国主要銘柄の過去45年間の平均投資利回りの7.1%から、インフレ率の3%を差し引いたとき、投資のリターンは4%になるという計算です。

さらっと「インフレ率」と書きましたが、現金の預金ではこのインフレ率のせいで、貯めても貯めても、金額当たりの価値は下がるイメージです。

「インフレ率」を簡単に説明すると、昨年と比べてどれくらい物価が上昇したかということです。

日本はインフレ率は上昇するのに、賃金は上がらない、実質的にはどんどん貧しくなっていっているんです。

インフレ率については下記の記事にまとめました。

こうしたインフレのリスクを加味した利回りの数字が、インフレ率「4%」です。

この4%の年利で計算したときに、1億円の資産の配当金額が400万円となるわけですね。それを、生活費の金額から逆算するための公式が

資産額 = 年間生活費 × 25 

「25倍ルール」というわけです。

このような仕組みで、FIREは成り立っているんです。なんとなく、理解できましたか?

【FIREするには、自分の年間生活費の25倍額の投資資産を持てばいい】

これだけ覚えておきましょう。

私とあなたのためのFIREの進め方

仕組みはなんとなくわかったのだけど、1億円って、、、、

とあまりにも途方もない額に、自分とは無関係な話のように思って、気を落としたりしていないですか?

私たちmamakimi(ママキミ)世代の家庭では、子育てにお金がかかるうえに、夫婦どちらかは満足に働けない!

もしくは片親で子育て中で投資する余裕なんて全くなし!

というのがどこも似たり寄ったりな状況かなと思います。

子供って、本当にお金がかかりますものね!!!

じゃぁ、FIREって私たち世代には無縁よね~?

そんなことありません!私たちmamakimi(ママキミ)世代の主婦層がFIREを取り入れるために、今から何をどうしていけばいいのか、それを簡単3ステップでお話します。

ここからが一番大事ですよ~!!

まず前提条件として

完全なFIREは目指さなくてよい

部分的なFIREを目指しましょう

が私たちのゴールです。

もちろん、全部の生活費を賄えるに越したことはありませんが、

「私のお小遣い分はFIREする」

「光熱費分はFIREする」

「家賃・ローン分はFIREする」

という感じで、生活の一部を不労所得で賄うだけでも、暮らしの余裕は大きく変わってきますよね?

ここを目指して進むための3ステップが下記です。

【ステップ1】
生活費、特に固定費の見直しで無駄なお金をバッサリカット!

【ステップ2】
いらないものを売る、プチ副業をするなど、収入をプラスする!

【ステップ3】
ステップ1,2で捻出したお金を全部投資に回す!

この3ステップを、まずは順番に行ってみましょう。

それぞれのステップをどんどん強化していくと、投資の資産が徐々に積みあがっていきます

例えば、積み立てNISAという制度を使って、1人最大毎月33000円を夫婦それぞれ20年間積み上げると、利回り4%でも2200万円以上になります。

月額66000円を投資に回せるようになるだけで、「老後2000万円」問題は、ほら、解決しました!

よく「投資は少額しても仕方ない」という意見も耳にすると思いますが、投資はたとえ少額であっても、コツコツ長期的にやり続けることで得られるリターンが大きくなります。

いきなり1億円は無理でも、月額6万円なら、頑張ったら何とかなりそう、手が届きそうじゃないですか?

全く何もしないよりも、絶対に安心して暮らせる未来が待っていますよ。

mamakimi(ママキミ)「ママのためのお金の講座」では、この3ステップそれぞれでいったいどんなことをしていけばいいのか、具体的な項目ややり方を、1個づつ紹介していきます

投資口座の開設方法から、銘柄の選び方はもちろんのこと、公的制度のお得な活用での節約術や、節約に役立つ税金の知識など、あらゆるテーマから、この3ステップをカバーしていきます

自分の状況にあっているもの、簡単に始められそうなことだけでも実際に記事に従って進めるだけで、FIREの一歩が踏み出せると思います!

最期におすすめのFIRE本も合わせて読んでみてくださいね^^

ということで、今後もママのための、ママによる、お金の講座をお楽しみください♪

しょう君のママ
しょう君のママ

♡シェアしていただけると励みになります♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました