【実録】2台目Rakuten UN-LIMIT VIを無料で持つ方法|楽天モバイル名義変更(譲渡)手続きに大苦戦!

お得・節約情報
しょう君のママ
しょう君のママ

2台目の楽天モバイルを無料で持つために、ショップとコールセンターをたらいまわしにされた挙句、結局は郵送で手続をした、怒れるしょう君のママです!

基本料金が無料から始まる楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」

我が家はいち早くそのプランに変更し、無料の恩恵を受けました。

1台目はWEBからバナーをタップして操作に従って、10分程度で完了したのですが、なぜか2台目のスマホの方は「バナーが無いから手続きできない!」

と言うことで、コールセンターに電話し、ショップにも足を運び、結局は「名義変更(譲渡)手続き」を郵送ですることになり、最終的には何とか無事に2台目のRakuten UN-LIMIT VIの契約にこぎつけました。

1台目をRakuten UN-LIMIT VIに変更してから約3か月、、、長い道のりでした

と言うことで、ご家族など同一名義で2台目以上契約している方が、2台目以降も無料からのRakuten UN-LIMIT VIのプランを契約するために、迷ってたらいまわしにされないよう、その正しい方法についてレポートします。

Rakuten UN-LIMIT VIの0円は、一名義に対して1台目だけ適用

Rakuten UN-LIMIT VIの料金プランは、下記のように使った分だけ料金が課金される従量制のプランです。

出典:楽天モバイルホームページより

データ通信量が1GB未満であれば月額0円というすごい太っ腹なプランなのですが、一名義に対して1回線しか適用されません。

2台目以降をRakuten UN-LIMIT VIにプラン変更した場合は、月額最低料金は1058円からのスタートになります。

今思えば、ここで1078円よりも安いNUROモバイルに乗り換えてしまえばもっと簡単だったのですが、、、

ちなみに、適用されないのは料金プランだけではなく、現在実施されている「3ヶ月無料キャンペーン」これも適用されないことになります。

我が家の場合

私の名義で、夫と私の2台のスマホを契約していました。

楽天ポイントや支払いの口座を私のところに一括してまとめるためです。

夫の方は、私の名義で契約して利用者登録という形で登録していたのです

このまま2台をプラン変更でRakuten UN-LIMIT VIにすると、私の方のスマホはキャンペーンも適用されたうえで、プラン料金は0円からスタート、夫の方はキャンペーン適用もなく、1078円からのスタートと言うことになります。

それでも十分安いのですが、それなら楽天モバイルのメリットが受けられないので、別の格安スマホでもいいのではないかと、、、

それを解決する唯一の方法が、実はあったのです!

(私も紆余曲折あって最終的に知りました!)

無料適用のためには1人一名義に変更する必要がある

結論から言うと、Rakuten UN-LIMIT VIにプラン変更して、無料キャンペーンや、0円からの料金プランをスタートさせる唯一の方法は、「名義変更(譲渡)」の一択です。

でも、それを知らなかった我が家は大変な目にあったのです、、、

案内がひどくて振り回された我が家の終始

コールセンターではショップを案内される

最初にスマホから2台目のプラン変更をしようとしたとき、プラン変更用のバナーが出ていないことについてコールセンターに問い合わせました。

「名義変更(譲渡)」でしか無料にならないことを知らなかったので、「利用者登録(名義人と利用者が別で登録している)の場合は、ショップに行っていただければRakuten UN-LIMIT VIにプラン変更できます、電話口ではプラン変更はできません、もしくは郵送の手続きもあります」と案内されました。

確かに、プラン変更だけであればショップで出来ます。ただ、無料ではなく1078円からになり、そのことはこの時案内されませんでした。

ショップに行ったら対応してもらえず

ショップに行くようにとコールセンターに言われたので、一番最寄りの楽天モバイルショップが入っている家電量販店に行きました。

ところが、お客さんはいなかったにもかかわらず、「予約してから来店してください」と言って、取り合ってもらえませんでした!

ショップの前で、ショップに予約の電話してみたものの、「WEBでの予約をしてください」と言われ、予約枠が空いていなかったため2週間も先の日程で来店予約を取って帰りました。

複数のショップに電話をかけてみたのですが、どこも対応は同じでした。

やっとショップに来店するも、、、

やっと予約の日がやってきてショップに来店しました。

MNP予約番号も取得して、やっとRakuten UN-LIMIT VIにプラン変更して、スマホ代が無料になると思った矢先、、、

「ショップでの2台目のプラン変更は、無料にはなりませんよ」と店員さん。

私が事前に調べていかなかったせいではありますが、なんと無情な2週間、、、。

でも店員さんに案内された無料にする方法は、コールセンターにバナーが出ない不具合を報告して、そのバナーから申し込めばRakuten UN-LIMIT VIが無料で利用できるというものでした。

その際、この番号に電話をするようにと手書きでコールセンターの番号を書いてもらい、それを握りしめて帰宅したのですが、、、、

※後から判明するのですが、このバナーの不具合報告をするという方法が間違いだったのです

繋がらないコールセンター

帰宅後から、来る日も来る日も根気強くコールセンターに電話をかけ続けましたが、全くつながる気配がなく、、、。

毎日日課のように、コールセンターのオープン時間、昼、夜と3回以上かけ続けていたところ、6日目でようやく電話が繋がりました。

そこで、ショップのお兄さんに説明されたバナーが出ない不具合を直してほしいと依頼すると、「利用者登録(名義人と利用者が別で登録している場合)の場合は、バナーが出ない仕様になっていて、これは不具合ではない」とのこと、、、。

なんですって!そんなことある????

コールセンターではまたショップを案内される

「バナーが出ないなら、どうやってRakuten UN-LIMIT VIに申し込んだらいいのですか?」

神にもすがる思いで聞いたところ、「お近くのショップに、、、、」

もう食い気味に「ショップに行ったら、ここに電話しろと言われたのです!」と叫んでしまいました、、、

それはそうよ、かなりのたらいまわし事件だわ!

郵送での「名義変更(譲渡)」のみが唯一の方法と知らされる

その電話口で、これまでの経緯と2台目以降のRakuten UN-LIMIT VIの0円からのプランへの申し込み方法を聞くと、「郵送での名義変更(譲渡)手続きが必要」とのこと。

1名義1回線しかキャンペーン価格が適用されないため、これ以外の方法で2台目以降を0円からの料金では持つことができないということがわかりました。

その電話口でも名義変更の手続きはできないので、結局ホームページから書類をダウンロードして郵送するように指示を受けて終わりました。

この約3週間の時間は何だったのか、、、

最初のコールセンターの対応「ショップではプラン変更できる」の案内の際に、もう少し詳しく、ショップで名義を変えずにプラン変更した場合は0円にならず、郵送で名義を変更してからプラン変更する場合に0円になることを説明をしてほしかった、、、、

この時点でこの理解ができていれば、さっさと郵送で書類を送っていました。

2点目の憤慨ポイントは、ショップのお兄さん!

手続きが面倒だったのか、、、「バナーが出ないエラー報告はよくあるんですよ」と、バナーが出ないことをすべての原因のように誤った案内をされたため、正しい情報がないまま、またコールセンターに電話することに。

結局、郵送での名義変更しか方法がないにもかかわらず!

我が家では、こんなたらいまわし事件に巻き込まれてしまいましたが、結局2台目のRakuten UN-LIMIT VIを0円からのプランで持ったり、無料期間のキャンペーンを適用されるためには「郵送での名義変更(譲渡)手続き」しか方法がありません。

家族の利用契約をしている人は、この名義変更手続きをして、それぞれの名義に変えてからプランの変更になります。

利用者登録ではなく、自分の名義で2台契約している場合は、2台目は残念ながら0円からのプランにはなりません。安くても1078円からのプランで、キャンペーンは適用外です。

この場合は、楽天モバイルよりも安い、3GBで700円台からのプランを用意しているNUROモバイルなど、他の選択肢の検討の余地があります!

やらなくてもよい様々なステップを踏んでしまいましたが、ここからがいよいよ本番です。

郵送での名義変更(譲渡)手続きに挑戦してみましたので、レポートをしたいと思います。またこれもかなり時間がかかる手続きでしたので、気長さが大切です。

名義変更(譲渡)は郵送のみで受付

1人1名義に変更して基本料0円からスタートにするためには、名義の変更(譲渡)手続きをすることになります
 

他社から乗り換えの場合は

大手キャリアやからの乗り換えであれば、名義変更を受け付けているので、各人に名義変更をしてから楽天モバイルにMNP転入すれば、全回線で基本料0円からスタートすることができます。
 
大手キャリア以外の格安スマホの場合、名義変更を受け付けていない業者が多くあり、この場合には楽天モバイルにMNP転入後に名義変更をしなくてはいけません。
 
この手続きは、楽天スーパーホーダイ2台持ちの私の状況と同じ手続きを踏みます。

楽天モバイルの名義変更に必要なもの


楽天モバイルは、対面・ネットでの名義変更の受付を行っていません。

書類を郵送の一択です。

名義変更手続きに必要なもの
  • 契約者情報登録・変更申請書
  • 委任状
  • 本人確認書類
  • 手数料3300円(新規契約者に利用料金と合わせて請求)

 
契約者情報登録・変更申請書と委任状は楽天モバイルのサイトからダウンロードします。

契約者情報登録・変更申請書のファイルの2枚目に委任状がついているので注意してください。


上記のリンクから書類をダウンロード・印刷をして、書類を記入します。3ページのうち、2枚は記入の上郵送、3枚目は書類送付先の住所ラベルになっています。

※委任状は直筆が求められているため、すべてをパソコンで記入することはできません。
 
有効な本人確認書類については、ダウンロードした書類のなかに記載されてるので、運転免許証やマイナンバーカードなどをコピーして同封します。

現在の契約者と譲渡する新利用者両方の本人確認書類が必要です。
 
書類が整ったら、3ページ目の住所ラベルを封筒に貼って郵送しましょう。

簡易書留をひたすら待つ

書類を送付した後、何の音沙汰もないので、本当に不安に駆られますが、忘れたころに「本人確認手続きのお知らせ」が簡易書留で送られてきました。

これは、新しい契約者が申請された住所に住んでいることを確認するための書類です。

この書類は「転送不要」「簡易書留」のため、受け取った時点で新契約者が申請された住所に住んでいることが確認されます。

書類にも記載されていますが、この後この書類を受け取ったからといって、特にやることはありません。
 

この郵送の審査は、10日ぐらいと案内されていましたが、実際は3週間近くかかりました。本当に忘れた頃にやってきます、、、

メール連絡をひたすら待つ

受け取った書類に、この後楽天モバイルからメールが送られてくると記載されていました。

このメールもなかなか来ないため、不安に思いながら待ちます。

また忘れたころに「ご契約者変更について」のメールが送られてきました。

この後の作業
  • 新契約者の楽天アカウントの作成(持っていない場合)
  • 楽天モバイルへの個人情報と支払い手段の登録
  • 作業が終わったらメールを返信

確認完了メールが来て、名義変更がようやく完了

メール返信の1週間後くらいに「新契約者の登録内容確認ができた」と言う旨のメールが送られてくるのですが、これで完了ではなく、この4営業日後くらいに「すべての手続きが完了しました」とのメールが送られてきます。
 
これでようやく、名義変更が完了しました。

ここからやっとRakuten UN-LIMIT VIに申し込み

これでようやく2台目が夫の名義となりました。

楽天モバイルのメンバーズステーションに待望のバナーが!

ここからは、1台目のプラン変更手続きと同じステップで、Rakuten UN-LIMIT VIのSIMを申し込みました。

そして送られてきたSIMをセットして、ようやく3か月0円キャンペーン&0円からの料金プランでスタートです。

このように本当に本当に、待たされたらいまわしにされ、時間がかかった2台目、Rakuten UN-LIMIT VIの無料持ち。

1台目の申し込みから約3か月
 

最初のたらいまわし事件が無く、名義変更から始めれば、おそらく半分くらいの時間で済むと思いますので、こんなに時間がかからないように、読者の皆様は、私の失敗を生かして書類の送付からスタートしていただけたらと思います。

途中経過の連絡が一切なく、次にどうなるのかの案内も十分でないため、不安な中ひたすら待つしかなかったです。

まじめに待っていると中々辛い!
 
時間がかかることを理解して、気長に待とうというスタンスで、挑んでみてください!

しょう君のママ
しょう君のママ

♡シェアしていただけると励みになります♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました