教育資金

お金の知識

小・中学校の【就学援助】のデメリットは?ばれる?恥ずかしい?年収600万円台以下なら十分対象の可能性

年収が600万円台の人も、700万円台の人も、世帯の人数によって受けられる就学援助。知らない人は損をする、就学援助は恥ずかしい制度でもなければ、ばれる心配もありません。一番つらいのは、子供にそのしわ寄せがいく事では?
ママ向け投資

【こどもNISA】子供の教育資金、ジュニアNISAかつみたてNISAどっちが向いてる?併用も可能!

こどもの教育資金を貯めるための、最強NISA活用法の決定版!こどもが生まれて0歳からNISAをダブル活用すれば1,671万円も教育資金が捻出できます!もうこどもが中学生でも遅くない!今からNISAをフル活用してこどものために教育資金を作りましょう
お金の知識

子供一人にかかるお金は月いくら?子育て費用を年齢別に月額換算して、教育資金対策をしよう!

子供にかかる教育資金は、高校までは月額の生活費として捻出し、大学費用は積立運用!月々にかかる金額を算出することで、無駄な費用を抑え、コストパフォーマンスを高めながら教育資金を貯めていきましょう!無理は禁物!様々な公的制度も活用すれば、もっと教育資金は抑えられます。
お金の知識

「子育てのお金は何とかなる」は大間違い!子供1人が大人になるまでにかかるお金は3000万円どころじゃない

子供1人が大人になるまでにかかるお金は3000万円越え?「産んでしまえばお金なんて何とかなる」という金額ではないからこそ、事前の計画と準備が必要です!あなたは教育資金のこと、どのくらい本気で準備していますか?
お金の知識

【学資保険不要論】学資保険をおすすめしない5つの理由|私は学資保険を解約しました

学資保険で得するのは誰?流動性の低さ、インフレリスク、返礼率の低さ、、、何のための「学資保険」?誰がおすすめしているかよく考えてみてください。子供の教育資金は、もっと効率的に安全な方法で増やして守ろう!気づいた私は、すぐに学資保険を解約しました。
ママ向け投資

2021年の教育資金は「ジュニアNISA」一択!今ならまだ間に合う!制度が終わる前に始めるほったらかし投資

ジュニアNISAをご存じですか?年間80万円非課税で投資できる制度ですが、2023年で終わってしまいます!子供の生前贈与や教育資金、就職や結婚に向けた準備資金にとどまらず、金融教育にもなるジュニアNISA。終わってしまう前に有効活用する方法を投資未経験者に向けて丁寧に解説します。
タイトルとURLをコピーしました